WiFi接続なのに遅い、繋がらないというときに

お久しぶりです。白です。
スマホでネットを使用するにあたり、データ量の上限が気になるため
極力WiFiで使うようにしている人も多いかと思います。
WiFi接続はできているのに極端に遅い、ネットが見れない等といったときに
改善できるかもしれない対処の紹介です。

IPアドレスはネット上の住所などといわれますが、
ホームページはURLを指定して見に行きます。
このとき、名前(URL)から住所(IPアドレス)を調べている
電話帳のようなものをDNSといいます。
ネットを見る上で不可欠なものであり、このDNSサーバの状態により
遅い・繋がらないといった原因になることがあります。

通常は接続しているプロバイダのDNSを使用していますが、
無料で公開されている他のDNSに変更することで
状態が改善されたり、より速くなったりする可能性があります。

有名どころのPublicDNS
8.8.4.4(Google Public DNS)
8.8.8.8(Google Public DNS)
129.250.35.250(NTT America Technical Operations)
129.250.35.251(NTT America Technical Operations)

以下、変更方法
iPhone:
設定のWiFiから接続中のネットワークをタップして開きDNSの項目を書き換える

Android:
設定のWiFiで接続中のネットワークを長押ししネットワーク設定を変更を選択
拡張オプションを表示をチェック、IP設定を静的に変更して出てくるDNSの項目
を書き換え
(それぞれバージョン等で多少違いがあるかもしれませんが手元の端末ではこう
なりました。)

Googleの8.8.8.8などは非常に覚えやすいので
何かあったときに試せるように頭の片隅に覚えておくといいかもしれません。