Type-C規格

お久しぶりです。あとです。
今回はUSB3.1のType-C規格についてです。
Type-C規格については、大きく機能が向上しました。
データ転送が10Gbpsになり、接続は裏表のどちらでもさせるようになりました。
又、給電能力が最大100Wやアダプタを介することでDisplayPort、HDMI、DVI、VGA端子にも対応(DisplayPort Alternative Modeに対応している場合)
することとなりました。(USB3.0では、データ転送が5Gbps、給電能力は最大4.5W)
ただ、これまでのUSB規格とは違い下位互換性はありますが、これまでのUSBポートとプラグは含まれていない為、
接続にはアダプタを介することが必要となる点や、上記の性能を引き出すには、ケーブルの長さが1メートル迄といった制限もあります。