iPhone4 First Impressions

こんにちは、Mr.Pinkです。

先週末、予約していたiPhone4が届きました。
そこで今回は「iPhone4 First Impressions」と題して、新しいiPhone4について気が付いたことを書きたいと思います。

iPhone4は、iPhoneシリーズで2度目となるフルモデルチェンジで、大幅な機能強化が図られています。
代表的な機能としては、高解像度ディスプレイ・500万画素のカメラ、iPhone同士でのビデオ通話 (FaceTime)、マルチタスキング (複数のソフトを同時に起動できる機能)等です。

この新たな機能はどれも魅力的ですが、iPhone4を手にしてまず最初に感じたことは「早い」ということです。
これは搭載されているCPUの性能向上と、搭載メモリの増加(254MB→512MB)によるもののようです。

今までiPhone 3G (3GS ではない) を使用していたこともあって、何をするにも時間がかかっていました。
例えばメールを1通送信するのにも、メールソフトの起動で待たされ、メール作成画面で文字が入力できるようになるまでにまた待たされ、本文の入力では日本語の変換で待たされ、やっと本文を作成したらメールソフトがクラッシュ、またメールソフトの起動から…というような状態で、これなら普通の携帯のほうがマシだなと思っていました。
iPhone 3Gは古い機種なので当然といえば当然ですが、今回のiPhone4では、何をするにしても長い時間待たされるというようなことがなくなって、今まで感じていたストレスが無くなりました。

iPhone 3G からiPhone4に買い換えた方は、みなさん同じ感想を抱くのではないでしょうか。

さて、今回は「iPhone4 First Impressions」と題して、新しいiPhoneについて書きましたが、実は新しい機能については、購入してからまだ日が浅いのであまり試せていません。
次回以降、iPhone4の新機能や便利なアプリについて書いていく予定です。