インストールアプリケーションのバージョン一括確認

こんにちは、ヨークです。梅雨が明けてこれからさらに暑くなりそうです。
先日の休みに私はスカイツリーを見に行ってきました。
見に行ったときの高さが約400mだったので、予定の高さ634mまで残り約230mくらいになります。
完成が楽しみです。

さて、今回の話題はPCセキュリティに関してです。

最近はホームページでFlash動画を再生したり、製品の説明書などをPDF形式でホームページから閲覧、ダウンロードができるケースが一般的になってきました。
これらの技術を使用するためにいろいろなアプリケーションが使われていることをご存知でしょうか?

代表的なアプリケーションして、Flash動画を再生する「Adobe Flash Player」、PDFファイルを閲覧する「Adobe Reader」、Javaプログラムを利用するときに必要な「Java Runtime」などがあります。
これらのアプリケーションにはそれぞれバージョンがあり、脆弱性などが発見されると修正プログラムが公開されます。
脆弱性を持ったバージョンをそのまま使っていると脆弱性からウイルス感染を引き起こす可能性あります。
最近のウイルスはアプリケーションの脆弱性を狙ってウイルスを感染させるため、大変危険であり注意が必要となります。
対策として常に最新のバージョンを保っておけばよいのですが、アプリケーションが最新か調べるのは手間であり、大変面倒です。
そこで今回ご紹介するのが情報処理推進機構が提供している「MyJVN バージョンチェッカ」です。

・情報処理推進機構

http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/

このツールを使えば、例え自分のPCにインストールされているアプリケーションのバージョンがわからなくても代表的なアプリケーションに関し、一括で最新のバージョンかチェックができます。
このようなツールを使いアプリケーションを最新に保つことにより、インターネットなどを安全に使用することが出来ます。

また、最近は各アプリケーションに自動アップデート機能が付いていると思いますのでこちらを日頃有効にしておくことも大切です。
中には自動アップデータといっても通知のみでインストールは手動のタイプもありますので、注意してください。

安全で快適なPCライフのため、これをきっかけに今からでもチェックをしてみてはいかがでしょうか?
そして、日頃から最新のアプリケーションを使うよう心がけましょう。