サンダーバードにファイルが添付できない

パソコン保守を受託しているお客さまより、ワード文書をサンダーバードで添付して送信しようとすると、
「メッセージを送信できませんでした。一時ファイル Z:\×××\Uberti××.docを開くことができませんでした。
“一時ディレクトリー”の設定を確認してください。」のメッセージが出てしまうとのご連絡をいただいた。

現場へ行ってみると、なるほど、メッセージが出て、送信できない。 ?!?!

そこで、送信しようとしているファイルをワードで直に開こうとしてみると、これもだめ ?!?!
あれ? ファイルネームの付け方に問題があるか( XPで使用できない文字は\ / : * ? ” < > | )?!?!
対象となる文字は使用していないし、困ったぞ!
もう一度ファイル名を確認するとÜberti×××となっている。
Uの上になんか付いてるぞ!!
外国語に弱いネコザメとしては、もう、お手上げ。英語なのか、ドイツ語なのかもチンプンカンプン。

早速お客さまに、これって文字化けですよねと、得意げに聞くと、アッサリと否定。
こうゆうのを「ウムラウト」と言ってドイツ語などで発音記号として、表記されるのだそうです。
なにはともあれ、こいつは、みたことがないので、怪しそう!
早速、この文字を取り合えず、削除してファイルを開いてみると、ワードで内容を確認することができた。
また、サンダーバードへの添付も上手くいき送信できた。

帰社後、ファイル名のつけ方について、もう一度調べてみると、Ctrlを使用した文字については、許可していないとのこと。
この「ウムラウト」もctrlを使用して入力するのだそうだ。
「ウムラウト」には次のようなものがある。  Ä  ä  Ö  ö  Ü  ü  ß