特定商取引の改正対策

2009年12月1日より、特定商取引に関する法律の改正が実施されます。

今回の改正で、インターネットショップが関係がある箇所は、返品の部分となります。

「商品または指定権利について、返品の可否・条件・送料の負担を広告に表示していない場合は、8日間、送料消費者負担で返品(契約の解除)が可能に。」【改正特商法第15条の2等】

なります。改正項目にあたる、返品を受け付けるか、受け付けないか、返品してもいい時の条件、送料はお店・お客さんのどちら持ちになるのか等を記載していない場合は、追記しましょう。

ネットの普及に伴い、インターネットショッピングの売上も軒並み増えているのですが、一方でトラブルも増加しています。
ユーザー側、お店側、双方に様々な問題があるようですが、相手の顔が見えないショップではいろいろと注意も必要です。そこで、簡単ですがトラブルを回避する対策として以下のようなものがあります。

ショップ側が気をつけるとよいこと

  • 買い物に関する必要事項(支払い方法、送料、返品・交換、特定商取引に関する法令表示)について、分かりやすい場所に掲載する。また、注文・決済の前に「特定商取引に関する法令表示」のページを必ず通るようにする。
  • 不自然な注文は、電話等で確認をしてから商品を発送する。
  • セキュリティの高い、クレジットカード決済を利用する。
  • 商品の在庫確認を行い、在庫がないものは注文できないようにする。

■お客様側が気をつけるとよいこと

  • ネットショッピングでは、クーリングオフがないため、返品の有無は必ず確認する。
  • 買い物に関する必要事項(支払い方法、送料、返品・交換、特定商取引に関する法令表示)に必ず目を通し、納得の上で注文する。
  • 怪しい店は使わない。ましてクレジットカードは絶対に使わない。
  • 注文確定前に、注文内容に間違いがないか、商品の内容と価格、数量や住所・氏名・支払い方法などを必ず確認し、間違いなく注文する。
  • ショップでの買い物カゴや決済の操作方法がよくわからないときは、ネットで注文しない。

最 後の、「買い物カゴや決済の操作方法がよくわからいときは、ネットで注文しない」ですが、以外に重要で、「返品不可」ときちんと記載されている場合は操作 ミスで数量を間違えても返品・返金できませんので、気をつけましょう。操作不安なら、電話で注文できるところもありますし、詳しい人に手伝ってもらいなが ら注文したり、しましょう。

私ども制作する側も、ユーザーに分かりすい、的確な表示や操作性を常に念頭に置き、作ることがとっても重要ですね。