クラウド・コンピューティングについて

こんにちは、ryoです。今回は、最近よく耳にする「クラウド・コンピューティング」について書こうと思います。

そもそも、クラウド・コンピューティングって何?と思われる方も多いと思いますが。簡単に言うと、ネットワークの先にあるサーバーのサービスを、ユーザーがサーバーなどを意識せずに利用できるようになるコンピュータを構成のことです。

ちなみに、言葉の由来はネットワーク上の無数のサーバー群を、雲に見立てて空からサービスが降ってくるという図を説明としてよく用いているからだそうです。

では、結局どういうメリットがあるのかということですが、一般企業向けとしては、一番は人件費の削減となります。情報システムでは、サーバーを集中管理した方が管理がしやすく、運用コストの中の人件費を削減できます。

他には、自社でシステムを構築するよりも専門業者に構築などを任せ、サービスを自分たちが受けられるようにしたほうが、システムの保守性などにおいて有利というメリットがあります。

一般消費者側からすると、携帯電話などはサーバーなどを気にせずに各社が提供するサービスを利用していますが、これもクラウド・コンピューティングといえます。

では、そんなに便利ならばこれからは全ての企業でクラウド・コンピューティングが採用されるのかということですが、現状ではそうでもないようです。 まだまだ、基幹系システム等の厳しい信頼性を求められるものには対応できていないそうです。ですが、信頼性の要件を満たす場合にクラウド・コンピューティ ングを採用するということが今後増えるかもしれません。