エクセルの条件書式

エクセルを使用していると、計算結果によって、セルの色分けをしたい場合があります。

例えば、60点未満には赤色を、90点以上のものには水色を付けたい場合には、条件書式を設定したいセルを選択しておいて「ホームタブ」⇒「スタイル」グループ⇒「条件付書式」を選択することで条件書式を設定することができます。

詳しい設定方法については、http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel2007/excel2007-jyosyo.htmlを参照してください。

エクセル2007ではセルの色分けの他にも、「データバー」「カラースケール」「アイコンセット」など、多彩な表現が用意されていますので、いろいろと試してみて、「データの見える化」に挑戦してみましょう。

「アイコンセット」を利用した表現事例

CAPT0000.jpg

「カラースケール」を利用した表現事例

CAPT0001.jpg

「データバー」を利用した表現事例

CAPT0002.jpg

(Excel2007ではExcel2003までの3個までの条件がなくなりましたので、多くの条件が必要なケースにも対応できるようになっています。 )